メリットとデメリット

これから借地権の売買をする上で重要な点として、借地権のメリットとデメリットについて解説しましょう。これは地主と借地権者のそれぞれについて、利点もあれば欠点もあるのです。

不動産まず、地主にとってのメリットは地代収入を得ることができる点です。自分の土地に建物を建てて運用するよりも管理をする手間がかからないためリスクがないのです。現状、使っていない土地があるならば、そこの借地権を売却した方が地主にとってメリットがあります。ただし、借地権者のことをよく知らずに売却してしまうと、地代を延滞される可能性があります。その土地を不法に利用してしまう可能性もあるでしょう。トラブルが発生するリスクがあるのです。そのため、これから借地権を地主が売るならば、借地権者について十分情報を集めておくべきでしょう。また、地主の方から契約解除を要求することはとても困難です。このことも知っておきましょう。

借地権者にとってのメリットとは、よほどのことがなければずっと土地を利用することができる点です。そして、使わなくなるならば第三者に売却することもできます。ただし、土地を利用している間はずっと地代を支払わなければいけないのはデメリットといえるでしょう。