売買の注意点

土地借地権の売買の注意点として、まず借地人が借地権を第三者に売却したいならば、地主の承諾が必要となります。たとえば、借地を相続した相続人が事情を良く知らずに第三者に地主の承諾を得ないで売却してしまうというケースがあるのです。これでも地主が文句を言わないならば特に問題はないのですが、承諾なしの売却はルール違反であり、地主がクレームを出せばその取引が無効となってしまいます。賃貸借契約を解除されてしまうのです。無用なトラブルを避けるためにもきちんと地主の承諾を得るべきでしょう

もし地主の承諾が得られない場合には裁判にまで発展する可能性があります。この場合、さまざまな事情を考慮した判断がくだされるでしょう。場合によっては新しい借地人の地代が上がってしまうこともあります。そもそも、裁判沙汰になった時点で新しい借地人は契約を無効にしてほしいと訴えてくるかもしれません。このように地主の承諾を得ないことで事態がどんどん悪化してしまいます。きちんと話をつけておくべきでしょう。

場合によっては地主に承諾料を支払うことになるかもしれません。これは、借地権の売買によって地主は何の利益も得られないからです。また、承諾をしなければいけない義務もないのです。そんな地主にも利益があるように承諾料が支払われることが多いです。最後に無料相談活用について説明します。