借地権売買は難しい

家マークこれから土地に建物を建てたいときには、まずはその土地を利用する権利を得る必要があります。その際には、土地を購入するという方法がまずあるのですが、これはかなりお金がかかってしまうでしょう。ずっとその土地を利用し続けるわけではないのであれば、土地を購入するのはリスクがあります。そんなときに、その土地に建物を建ててそれを所有する権利として借地権というものがあるのです。借地権というのは第三者の土地を借りて、そこに自己所有の建物を建てることができる権利のことです。土地の所有者である地主に対して地代を支払うことによって、借地権を得られるのです。

このような借地権のメリットとして固定資産税や都市計画税が発生しないという点があります。土地の所有権を購入するよりも安上がりなのです。また、借地権付きの建物として売ることもできます。ただし、借地権の場合は、建物は自分の所有物であっても、土地についてはあくまでも他人の物です。そのため、さまざまな制約が生じてしまうこともあります。

このような特徴のある借地権はいろいろな場所で売買されています。借地権は買うこともできれば売ることもできるのです。そんな借地権の売買についてよく分からないと考えている方も多いでしょう。苦手意識を持っている方がいるのです。こちらではそんな借地権について、売買の際のポイントを解説しましょう。借地権の売買に関して、知っておくべきことをまとめました。売買の際には参考にしてください。