無料相談を活用

相談借地権の売買は専門的なことが関わるため、さまざまな悩みを抱えている方が多いでしょう。そんなときには弁護士への無料相談を活用することをおすすめします。多くの法律事務所では弁護士に対して無償相談ができるサービスを用意しています。借地権売買について専門的に扱っている弁護士に相談をすれば、さまざまな疑問に答えてくれるでしょう。

あるいは不動産業者に相談するという方法もあります。ただし、不動産業者の場合は自分達の利益になることを優先させるため、本当の意味で相談者のことを考えてくれるのか分かりません。ひょっとしたら相談者に不利になるような提案をしてくるかもしれないのです。また、地主とのトラブルに発展しているようなケースの場合は、不動産業者に相談をするよりも弁護士に相談をした方が良いでしょう。

借地権に関することは法律的な問題となります。それは弁護士にだからこそ相談できる内容といえるでしょう。ただし、弁護士といってもそれぞれ得意としている分野が異なります。借地権に関する実績や知識のある弁護士に話を聞いてもらいましょう。そうすれば、友好的なアドバイスを受けることができます。何をすれば良いのか、しっかりとアドバイスしてくれるでしょう。

売買の注意点

土地借地権の売買の注意点として、まず借地人が借地権を第三者に売却したいならば、地主の承諾が必要となります。たとえば、借地を相続した相続人が事情を良く知らずに第三者に地主の承諾を得ないで売却してしまうというケースがあるのです。これでも地主が文句を言わないならば特に問題はないのですが、承諾なしの売却はルール違反であり、地主がクレームを出せばその取引が無効となってしまいます。賃貸借契約を解除されてしまうのです。無用なトラブルを避けるためにもきちんと地主の承諾を得るべきでしょう

もし地主の承諾が得られない場合には裁判にまで発展する可能性があります。この場合、さまざまな事情を考慮した判断がくだされるでしょう。場合によっては新しい借地人の地代が上がってしまうこともあります。そもそも、裁判沙汰になった時点で新しい借地人は契約を無効にしてほしいと訴えてくるかもしれません。このように地主の承諾を得ないことで事態がどんどん悪化してしまいます。きちんと話をつけておくべきでしょう。

場合によっては地主に承諾料を支払うことになるかもしれません。これは、借地権の売買によって地主は何の利益も得られないからです。また、承諾をしなければいけない義務もないのです。そんな地主にも利益があるように承諾料が支払われることが多いです。最後に無料相談活用について説明します。

メリットとデメリット

これから借地権の売買をする上で重要な点として、借地権のメリットとデメリットについて解説しましょう。これは地主と借地権者のそれぞれについて、利点もあれば欠点もあるのです。

不動産まず、地主にとってのメリットは地代収入を得ることができる点です。自分の土地に建物を建てて運用するよりも管理をする手間がかからないためリスクがないのです。現状、使っていない土地があるならば、そこの借地権を売却した方が地主にとってメリットがあります。ただし、借地権者のことをよく知らずに売却してしまうと、地代を延滞される可能性があります。その土地を不法に利用してしまう可能性もあるでしょう。トラブルが発生するリスクがあるのです。そのため、これから借地権を地主が売るならば、借地権者について十分情報を集めておくべきでしょう。また、地主の方から契約解除を要求することはとても困難です。このことも知っておきましょう。

借地権者にとってのメリットとは、よほどのことがなければずっと土地を利用することができる点です。そして、使わなくなるならば第三者に売却することもできます。ただし、土地を利用している間はずっと地代を支払わなければいけないのはデメリットといえるでしょう。

借地権売買は難しい

家マークこれから土地に建物を建てたいときには、まずはその土地を利用する権利を得る必要があります。その際には、土地を購入するという方法がまずあるのですが、これはかなりお金がかかってしまうでしょう。ずっとその土地を利用し続けるわけではないのであれば、土地を購入するのはリスクがあります。そんなときに、その土地に建物を建ててそれを所有する権利として借地権というものがあるのです。借地権というのは第三者の土地を借りて、そこに自己所有の建物を建てることができる権利のことです。土地の所有者である地主に対して地代を支払うことによって、借地権を得られるのです。

このような借地権のメリットとして固定資産税や都市計画税が発生しないという点があります。土地の所有権を購入するよりも安上がりなのです。また、借地権付きの建物として売ることもできます。ただし、借地権の場合は、建物は自分の所有物であっても、土地についてはあくまでも他人の物です。そのため、さまざまな制約が生じてしまうこともあります。

このような特徴のある借地権はいろいろな場所で売買されています。借地権は買うこともできれば売ることもできるのです。そんな借地権の売買についてよく分からないと考えている方も多いでしょう。苦手意識を持っている方がいるのです。こちらではそんな借地権について、売買の際のポイントを解説しましょう。借地権の売買に関して、知っておくべきことをまとめました。売買の際には参考にしてください。